(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

踏み跡に惑う

年末に「来年の干支は『馬』だから、馬とつく山に登ろう」と考えて、
目をつけたのは、紫波町山屋にある芦毛馬立山。
調べてみると山頂にはりっぱなお社があるそうな。
ということは、参道があるから、そんなに苦労せずに登れると思っていて
正月休みにでもと、地形図を眺めて、作戦を練ります。
地形図
山頂へ西側から伸びてくる道を参道と思い、偵察に行ったら入ってすぐの場所で、橋が崩落して通行止め。
そこから歩くとかなりの距離。
それじゃあ、反対側からなるべく傾斜がない場所をと考えて(第二案)
ルートを探しにいったものの、林道が豪雨災害により掘れていて、ルート探しどころじゃなく
車がハマらないように、方向変換するのに手一杯。
麓からと思いましたが、この時点で駐車スペースは除雪の雪があって、停めるスペース見当たらず、
おまけに年明けにもさらに降雪。
登るのは雪どけしてからだなぁと思ってました。

が、「茂谷の山」で、地図には載ってないけど、航空写真では載ってない道が確認できる
ことがわかり、この芦毛馬立山も航空写真で確認してみました。
そうすると地形図の破線の部分がどうやら車が通れるほどの道で、
その分岐のあたりが、畑か果樹園かわからぬものの大きな広場になってることが読み取れました。
それならばこの辺に車を置き、この道伝いに行ってみようかな?
距離があるから、積雪具合が問題だなぁ。と、漠然に考えてました。

で、台羽山を歩いたあと、帰りにちょっと偵察、と思いついてしまいました。
スノーシュー履いても膝は大丈夫と距離を歩くのに自信がついたからです。
[踏み跡に惑う]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2014/02/04(火) 22:41:06|
  2. 芦毛馬立山・山屋岳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック