(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

岩手山を眺める

今日は穏やかな天候の日。岩手山がクッキリ見えた。
雪解けがだいぶ進んで、山頂まで登れそうな気がするが、明日は膝を酷使する予定がある。
山歩きで酷使して次の日もとなると相当シンドイ。
ってことで、今日は岩手山を眺めてみようと思いつく。

岩手山を眺めるといえば、県立図書館の企画展「山とともに」の展示物、
名処順道記の「磐手山」の部分に
「奥海道沼宮内と渋民の間越堀(マキホリ)の並ビ草けたと云所ニ伝る一里塚有。屋村有。
此辺より磐手山の風景真向に見してたとひなし」とあり、
「草けた」(現在の岩手町川口二ッ森)から見る岩手山が美しいとしている。

と説明書きがありました。
この「草けたの一里塚」の場所はわかりませんでしたが、とりあえず岩手川口の二ツ森へ車を走らせます。

岩手川口のバイパス南口から、町方向へちょっと入ったあたりが二ツ森地区。
岩手川口・二ツ森地区
東側の少し高いところから眺めてみました。
ん~、なるほど、確かに左右均等の山容で、富士山みたいな感じに見えますね。

さてと、納得したところで、二ツ森といえば、山の名前にもあります。
それが一戸にある二ツ森。
二ツ森
双耳峰の山です。

4号線から『根反の大珪化木』の案内板通りに東に進み、根反公民館を過ぎたら、
送電線の表示がある林道へ右折。道なりに進みます。
かなりの台数の車が走った跡があるので、なんだろうと思っていたら、奥で伐採が行われてました。
二ツ森への登山道はその手前を左折でした。小さな手作り案内板があります。
駐車スペースはその分岐の手前50mぐらいのところにありました。
おいらはそのまま上がってしまい、倒木に阻まれ、バックでもどるハメに。
結局、廃屋の入口に停めて、歩き始めます。
駐車スペース
ここからは作業道歩き、テクテクと上がっていきます。
目の前が二ツ森の南峰なんですが、道はグルリと回って東へ。
途中にある分岐は左へ進み、南峰の山頂がかなり後ろに感じられて、
こりゃ、道間違ったかな?と思い始めた頃に、ちょっと上がった尾根に道があるように見えます。
よく見ると斜面を歩いた跡が見えて、もしやと思いながら上がると上の道に出ました。
ショートカット出来る場所が一ヶ所ありました。

あとは道なりに進むと鳥居のある広場にでて
南峰 鳥居
鳥居をくぐって、二ツ森南峰の山頂へ。

二ツ森南峰は三角点がありました。
二ツ森頂上南
残念ながら、展望は木の間から見える程度。

お社にお参りをして、記念写真。
登頂記念

今度は北峰を目指します。
こっちの鳥居は壊れてました。
北峰鳥居

ここから少し上がったところが展望が開けてました。
北峰展望
一戸の町並み、遠くには八甲田、なかなかの展望であります。
残念ながら岩手山方向は木々の間から見えるだけ、残念でありました。

ちょっと急登をあがって北峰山頂。
北峰頂上
お社にお参りして、山頂プレートがないか周りを見渡しますが何もありません。

記念写真をお社で撮って、
登頂記念
来た道を戻ります。

帰りはショートカットせず、道なりに戻りました。
GPSログ
二ツ森ログ
歩行距離は4.9Km。1時間40分ほどの山歩きでした。

帰りに岩手山を北側から眺めました。
岩手山北側
東と西の山容が対象的ですね。

ついでにいつも眺めてる岩手山
盛岡から岩手山
『南部方富士』ですな。

おいらはどこから見ても素晴らしい!!と思ってます。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2013/05/18(土) 21:14:56|
  2. 二ツ森(一戸)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック