(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

大股歩きで、大股山

ここしばらくの天気予報で、週末に晴れマークが付いたのが久しぶり。
これはやっぱり山に行かなくては、と張り切って山行計画を考えた。
内陸の山は残雪たっぷりなので、雪が少ない沿岸の山に行って、
もしかすれば、春の花も見れるかもと、正月に登った綾里富士から大股山へ縦走することに決めた。

この日の朝起きると、雲が多い空だけど、春の日差したっぷり。
いそいそとザックを車に載せたら、すぐに出発。
途中のコンビニで昼食を仕入れてると、山ガールの格好をした方に遭遇。
思わず「どちらへ?」と声をかけそうになって、ナンパと間違えられるかと止めた。
やっぱりみんなこの天気を待ちかねていたんだなぁ、と実感。

日差したっぷりの車の中は、長袖一枚でも暖かく、窓を少し開けて車を走らせてましたが
遠野から住田へ抜ける道にきたら、道路の周りは雪景色。
遠野から住田へ
路面も所々凍ってるなぁ、と思っていたら、ライトバンがスリップして道路脇に突っ込んでいた。
峠道はまだまだ油断ならないですね。

海側に出ると春の日差したっぷり。
綾里から山へと上がっていく道には、全く雪もなく、山の作業が始まってるらしく
道路脇には伐採した木が山積みされていた。
正月に来た時車で上がった作業道の分岐付近に (←クリックするとその時の記事に飛びます)
車を停めて、舗装路を歩き出した。
ここから数百m先で崩落してて、車が通れないのがわかっていたからだ。
その舗装路にはオイルの跡が続いてました。もしかしてと思っていたらやっぱりそうでした。
崩落したところを車で乗り越えて、オイルパンに穴を空けたようで、そのあとがクッキリ残ってました。
やっぱり無理は禁物ですね。

その崩落地点から100mほど歩くと、舗装路が切れて、ピンクの目印がある登山口到着。
綾里富士登山口
写真はいったん通り過ぎてから撮影。道路に黒い線が二本あるのがオイルの跡。
ここまで来て、オイル漏れに気がついて慌てて戻ったんでしょう。

ここは綾里富士の東側の尾根にあたります。
上がっていくと日差しがたっぷり差し込んでいて、見上げると青空。
綾里富士登山道
どこかに春の花はないかと探しながら、のんびりと上がっていきました。

そうこうしてるうちにだんだん傾斜が急になってきて、直登するのが難しくなってきて
九十九折を重ねながら、高度を稼いでいきます。
この頃になると久々に背負ったザックの重さがかなりこたえます。
ふらついてバランスを崩すことが何度もありました。
ひいこら言いながら、ともかくピンクの目印通りに上がっていくと、
傾斜が緩やかになった見覚えのある尾根に到着。
尾根
写真は登ってから尾根の先方向を撮影。
山頂の祠からピンクの目印を頼りに降りてくるとここに出ます。
ここからはどこに向かっても傾斜が急になってます。
前回はここで目印を見失い、まっすぐ下りたのですが、本来の登山道は左に下ります。

あとは尾根沿いに歩いて祠にご挨拶。
綾里富士の頂上で一休み。
綾里富士頂上
日差したっぷりの山頂はポカポカで気持ちよく、ここでお昼寝して帰ろうかと思ったくらいでした。

記念撮影しようとして、木の上にある山頂プレートに気がつきました。
前に来た時あったっけ?と思いながら撮影。
登頂記念

一休みしたら大股山へ出発です。
稜線上を歩く道は踏み跡クッキリ。
踏み跡クッキリ
これほどクッキリついてるのは、鹿さんも御用達だからのようです。
ところどころに落し物が・・・ (~_~;)

小さな上り下りを重ねながら高度が上がっていきます。
歩き易いので大股歩きで大股山を目指します。
足の短いおいらは、これが意外と足にきました。
大股山山頂への最後の上りでヒィヒィいいながら、ようやく到着。
大股山山頂
山頂は見晴らしがききませんが、今の時期は木々の間からそれなりの景色が楽しめました。

記念撮影をしたら、
大股山登頂記念
早速昼食の準備。

昼食
ぽかぽかの日差しの中、のんびり食事をしてたのですが、日が陰ったら急に肌寒くなりました。
ダウンジャケットを着て、食後のコーヒーを楽しもうとしてたら、ちらりほらりと雪が・・・
雪
ジャケットに付いた雪でわかるように、けっこう大粒。
ええっ!?と振り返ったら、西側から雪が迫って来てました。
慌てて片付けて、大急ぎで大股山を大股歩きで下ります。
急激に気温が下がって、山は春山から一気に冬山に逆戻り。
手袋をしてなかった手はあっという間にかじかんでしまいました。

雪はだんだんと強くなっていく稜線上で、あることを思い出します。
前回はこの稜線上に途中から出て、綾里富士を目指したのですが、その時に途中から
急にピンクの目印が目に入ってきした。
ずっと付いているのを見落としていたと思っていたのですが、この時歩いていても見当たりません。
あれはもしかして、別の登山コースの目印だったのでは、と思いつきます。

ピンクの目印が最初に目に付いたところで、谷側の林を見ると、林の中にも続いてます。
やはりコースだったんだと、目印をたどりながら下ります。
すると、すぐに下の作業道に出ました。
作業道

風が吹き込んでこない分少しは楽だと、下ってる方向へと歩き始めたら、
日差し戻る
急に日差しが戻ってきて、影がくっきり。
こんなにクルクル天気が変わるとは。
ぽかぽか陽気の中、のんびり下って行きました。
あんなに寒さに震えたのに、長袖一枚汗かきながら・・・

この作業道は思っていた通り、車を停めていたとこに出る作業道でした。
ショートカットした形で車に到着。
車に到着
春山に登ったはずなのに、冬山も味わった山行になりました。

駐車地点は標高215mぐらいの場所。
10分ほど放送路を歩いて、約260m付近の登山口から登り始めて、40分程で綾里富士(479m)山頂到着。
そこから稜線沿いに歩いて、45分ぐらいで大股山(614m)山頂到着。
大股山山頂からは作業道経由で車まで1時間10分ほど。
全行程は3時間30分、歩行距離は6.90kmでした。

この日の歩行ログ。クリックで拡大できます。
大股山歩行ログ

盛岡までの帰り道、東北道で猛吹雪に出会う。
吹雪
冬がいつまで居座るつもりなのだか・・・ ←よければクリックお願いします。
  1. 2012/04/08(日) 11:12:07|
  2. 大股山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック