(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

夕景を望む。

三沢航空科学館をあとにしたのは14時過ぎ。
空には、まだまだ青空が広がってます。
空への憧れを抱いたあとは、やっぱり空近くまで行かなくては・・・

目指したのは「折爪岳」であります。
車でも登れるから、ちょっと登って景色を楽しもうというわけですな。
前回はヤマセで全く見えなかったけど、今日はこの天気、海の方まで見渡せるはずと心がはやります。

高速道路をすっ飛ばし、九戸インターで下りて、コロボックルランドからの道に急ぎます。
が、ここで大誤算。
冬期閉鎖中
折爪ひめほたるラインが冬期閉鎖中。
がっかりしながら、戻る途中には福寿草がちらほら。
福寿草
ここまで春が来てるのに無念であります。
すごすごと来た道をもどるハメになりました。

四号線を一路盛岡へと南下してくると、岩手町付近で岩手山がドドーンと見えます。
岩手山
眺めながら走っていたら、
「今日の夕焼けはきれいだろうなぁ、岩手山がはえるだろうなぁ」
そんな思いが頭をよぎります。
そこで思いついたのは「小野松山
さっそく向かいました。

到着したのは17時ちょっと過ぎ。
伐採作業してるところに続く入口脇に車を停めました。
麓からの展望
ちょうど正面が小野松山山頂です。

早速準備をしていると、奥から軽トラックが一台、続いてパジェロが一台。
伐採作業を止めて降りてくる人に出会いました。
作業を終えたので歩いて入るのは構いませんが、出るときにロープをと指示をいただきました。
どこを登れば・・・・と考えて、右の斜面からのルートを上がります。
よいさこらさと登って10分ぐらいで山頂到着。
記念写真と夕景を一緒に撮りました。
登頂記念

夕焼けにはまだちょっと早かったので、この間見なかった「胎内くぐり」の岩まで
山頂をぐるりと回り、小野松観音奥宮にご挨拶して、そこまで足を伸ばしてみました。
胎内くぐり
奥が「胎内くぐり」なんですが、おいらの場合お腹がひっかかりそうです。
くぐるのはあきらめました。

位置から考えるとこの岩の上が山頂らしいからと、薮を突ききって行けば早いはずと
考えたまではよかったのですが、この竹藪が意外と厚く、おまけに思ったより距離がありました。
ひいこらいいながら、山頂プレートの脇にでました。
引き返したほうが楽だったと反省・・・

夕景は思ったとおり見事なものでありました。
小野松山展望
が、カメラの腕が伴いません。
いろいろ露出を変えてみたりしましたが、うまくいかず残念。
自分的にはこれがベストかな。
岩手山と夕日
難しいものですね。

夕日が沈んだのは18時頃、堪能したあとはすぐさま下山。
10分かからずに車に到着でした。

もう少しカメラの腕を鍛えてから、また挑戦したいものです。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2012/04/22(日) 12:36:02|
  2. 小野松山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素晴らしい展望でした。

この前、地図を眺めながら、短時間で上がれる山を候補に上げましたが
そのうちの小鳥沢にある小野松山がまだでした。
昨日、歩きすぎたおいら、さすがに少し足にきていて、今日は足休めと思ってましたが、
この日は久しぶりの穏やかな天気の休日、やっぱり閉じこもっているにはもったいない。
小野松山は短距離だから上がれるだろうと、ちょっと出かけてみることにしました。

予定では小野松観音そばの空きスペースに車を置いてと思っていたのですが、
やっぱり空きスペースには雪が寄せてあって入れません。
そこで、登山口のある三愛オートに置かせてもらおうと行ってみたら、
この日は休日で誰もいませんでした。
心苦しいながら無断駐車であります。三愛オートの方、すみません。m(__)m

小野松山登山口
登山口は三愛オートの車両置き場の奥、
小野松山には「小野松観音・奥宮」があるので、その案内板が目印になってます。
踏み跡クッキリの登山道、いや、この場合参道というべきでしょうか?
そこをトコトコあがります。
踏み跡に沿って斜面をあがり、尾根にでたら、それに沿って上がります。

12・3分ぐらいで、小野松観音奥宮到着。
小野松観音奥宮
パンパンとお参りをして、後ろが山頂だろうと、左から斜面をよじ登ったら、ちゃんとすぐそばに
巻道がありました。さらに上がって、てっきり山頂だと思っていたら、山頂はさらに北側。
そして、そこには大展望が広がってました。
山頂からの展望
いやはやこれは素晴らしい。しばらく見入ってしまいました。
下に目を落とすと、伐採の作業道が山頂直下まであって、四十四田ダムの脇を通っている道路から
直接登れるようになっていました。
雪が溶けた頃にそちらから登ってみたいものであります。

登頂記念を撮って
登頂記念写真
ゆっくりと引き返します。

登り口の三愛オート付近は標高190m付近、山頂は291.2m。
上り20分弱、下り15分ぐらい、行って帰って1.3kmの道のりでした。

歩行ログ
小野松山歩行ログ

帰りに小野松観音を拝礼しました。
小野松観音

一つ心残りが・・・
帰ってから調べたたら、奥宮に行く分岐の奥に「小野松観音胎内くぐり」があるとか。
まっすぐ進むと・・・
踏み跡がなかったので行きませんでしたが・・・・ この次の楽しみにしましょう。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2012/03/04(日) 18:12:07|
  2. 小野松山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック