(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

箱根山からエールを・・・

岩手に箱根山があると知ったのは、ラジオのニュースからでした。
それは神戸の「1.17希望の灯り」が、陸前高田の「3・11希望の灯り」に分灯されたというもので、
場所が箱根山の気仙大工左官伝承館ということで、うっすらとですが箱根山を覚えていたんです。

正月二日、箱根駅伝を見ながらゴロゴロしていて、箱根山のことを思い出しました。
調べてみると「市民の森」になっていて、山頂には無線中継所があって、車でも上がれる様子。
これなら天気が悪くても登れるなと、行くこと決定。

早朝、暗いうちに出発して、箱根山山頂に車を停めたのは7時半頃。
箱根山山頂駐車場
天気が良ければご来光も・・・ と思ったんですが、途中の荷沢峠の状況が悪くて
思ったより時間をとってしまい、夜明けには間に合いませんでした。
駐車場からは大船渡湾の様子が一望。
大船渡湾
見事な景色でありました。

ここは二つのピークに挟まれた駐車場で、まずは頂上へと無線中継所の方へ行ってみます。
が、道を上がって着いたのは無線中継所で行き止まり。
裏側にある頂上にはここからは行けませんでした。

戻ってみたら
山頂トイレ
山頂トイレの左側に、山頂に向かう登山道がありました。
左・笹の間にあるのが頂上への道、右の看板があるのが、中継所への道です。

登り直して頂上到着。
箱根山頂上

さっそく記念写真をパチリ
登頂記念
そこで気がつきました。
このプレートには「海抜445.7m」の表示ですが、三角点の脇にある表示には「446.8m」とあります。
標高と海抜の違いなんでしょうか? おいらには勉強不足で分からずです。

気になる箱根駅伝を見ようと、携帯のワンセグをチューニングしてみたら、
ワンセグ
次々に入ってきたのは、宮城県の放送局。ここでは宮城県と岩手県の放送が見られるんですね。
箱根駅伝のスタートを見ていましたが、さすがに途中で体が冷えて頂上撤退。

車に戻って、しばらく観戦してました。
ここまで気になっていたのは、東京農大の津野浩大選手の走りを見ていたからであります。
フラフラになりながら走っていて、放送時間内に往路のゴールに間に合わず、
果たしてタスキがつながったのか気になって、東京農大のことを調べたからです。
調べてみたら、岩手県出身の選手が二人出てるではありませんか。
その一人が往路のスタート、6区の佐藤達也選手でした。
これは応援せねばと箱根山からエールを送ります。
切り上げスタートでしたが、順位を上げていくのをみて、一安心。

調子よく走っているのを確認したら、今度は駐車場の東側のピークに登ってみました。
ここは「恵比寿森」というそうで、山頂には恵比寿様が2体、祀られていました。
恵比寿様
恵比寿様は漁業の神様。広田半島の方を眺めて見守っていました。
パンパンとお参りしたら、いったん車に戻って、東側の展望台まで移動。

広田半島展望台
ここからは広田半島が一望できました。

雄大な景色でありますが・・・
広田半島
ここは津波が、右と左の両方から来て、分断されてしまった所。
そう思ったら思わず手を合わせてしまいました。

そこから箱根山神社にお参り。
これがまた参道が急傾斜。ヒィハァいいながら登りました。
ブロックづくりの拝殿
山頂にはブロック造りの拝殿がありました。

扉を開けて、拝まさせていただきました。願いは、この地の復興&繁栄です。
箱根山神社
箱根山の地元にもエールを送るであります。
御神体の横には「雷神」と書かれていました。

それにしてもこの参道、急すぎます。
箱根山参道
降りるときはビビりました。

この時の行動ログ
行動ログ
合計で2.6Kmの移動でした。

さて、帰りには気仙大工左官伝承館で『希望の灯り』を見る予定でしたが
正月休みで閉館していて、見られず残念。

せっかく箱根に来からには、次は富士にも登りましょうと、このあと移動。
山行報告は、次回であります。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2012/01/05(木) 12:01:48|
  2. 箱根山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック