(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

朝のお散歩

先週、滝沢市のバドミントン大会に参加するついでに、会場近くの鬼古里山へと登ろうと考えてました。
道路脇に踏み跡があるんですが、駐車スペースが鬼越溜池側にあり、冬は除雪で埋まり
それ以外はよく釣り人の車が駐車、なかなか停める機会がなくて登りそこねてる山であります。

朝早くならきっと空いてるに違いないと、大会前に出かけました。
踏み跡
ナビでみると山頂の間近の道路脇あるこの踏み跡が登山道だとずっと思っていて
先週は駐車スペースから道路をテクテク歩いて、ここから突入。
が、これはすぐ先の湧水への踏み跡で、山頂へ続く道はなし。
藪を突ききって行こうかと思いましたが、この日はジャージ。
泥だらけで大会に参加するわけにも行かず、あきらめて駐車スペースに戻ったら、
すぐ後ろにピンクの目印の踏み跡有り。
ここだったか。と登山口を見つけたものの、開会式の30分前で撤退・・・・

てなことがあったもので、やっぱりそのままでは自分に納得できず、
[朝のお散歩]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/05/22(日) 09:10:43|
  2. 燧堀山・鬼古里山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気になっていたんです。

滝沢から姥屋敷に抜ける道筋にあって、その山の麓は何度も通っていましたが、
それほど変わってる山だとは思ってもいませんでした。
それというのも道路からだと、山全体の様子がはっきりしないからかもしれません。

ところが、夏に小岩井のへり遊覧飛行で空から眺めたら、
まるで両手で周りの土を集めて盛り上げたような印象を受けました。
燧堀山
それが『燧堀山』です。
そのうちに登ってみたいと、気になっていました。

この日、滝沢総合体育館でバドミントン大会が終わったあと、外に出てみたら
午前中の荒れ模様が嘘のように治まっていて、青空がみえていました。
燧堀山へは体育館前の道を通れば10分もかからず着きます。
日暮れまでには間に合うと山歩きに出かけました。

が、体育館前を通って姥屋敷に抜ける道は、しばらく行ったところで通行止。
仕方がないので、蒼前神社の方からグルリと回って、麓の住宅地に到着。
燧堀山の登山道入口はこの住宅地の給水塔脇ということなので、
住宅地の上にあるはずと、えっさほいさと上がっていきます。
一番上は公園のようなスペースでしたが、給水塔は見当たりません。
時間があれば探したのですが、もうすでに薄暗く、こうなれば目の前の尾根を直登だと
ヨッコイショと取り付きました。

すると、燧堀山の北東の斜面が伐採されていて、展望が開けてました。
北川尾根展望

山頂もこのくらい展望があればと、上っていきますが、草とか藪にうっすらと積もった雪が
あれほど滑るとは思いもよらず、悪戦苦闘しました。
慎重に、慎重にとあがっていたんですが、そういえば写真を撮っていなかったと、山頂を撮影して
カメラを仕舞おうとしたら、バランスが崩れたんでしょうね。
ズルっと足元が滑り、慌てて手をついて止まろうとしましたが、四つん這い状態でそのままズルズル。
いったん滑り始めたら止まりません。
止まるどころか加速しはじめて、やばい!と思った途端に、ドスン!
右に写ってる木にひっかかって止まりました。
北川尾根・麓
下の道路まで落ちるかと冷や汗ダラリ・・・

そのあとは這うようにして上がって、山頂到着。
頂上は南側のピークにありました。
燧堀山頂上

記念撮影する頃には、すっかり日が暮れてしまいました。
登頂記念写真

盛岡方面は灯りがともり始めてます。
盛岡夕景

ということで、速攻で下山。
帰りはピンクのリボンを見つけて、西側の尾根を降りました。
下りてみたら、給水塔は住宅地の南側、燧堀山の西側尾根にありました。

あとはおいらの足跡をたどって車まで・・・
足跡

登山開始が16時頃、頂上まで25分ぐらいで上がって、10分程で戻りました。
給水塔のそばまで車で行けますので、気軽な山歩きにいいかもしれません。 

あとで登る前にとった写真を見直したら、登山道が写ってました。
燧堀山
そこで気がついてたら、給水塔がすぐわかったのに・・・(-_-;) ←よければクリックお願いします。
  1. 2011/12/20(火) 19:16:42|
  2. 燧堀山・鬼古里山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック