(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

展望のいいところで昼食を・・・

この日2度目のゴンドラであります。
夏油ゴンドラ遊覧
山麓駅が650m付近、山頂駅が1060mあたり、10分ほど揺られて上がります。

到着したら、まずはすぐそばの展望台へ
夏油高原展望台
この日は『夏油高原紅葉祭り』で多くの人たちが来ていました。

ここは1075m地点、360度グルリと見渡せます。
この時は雲海が消えかかって来た頃で、遠望が霞んで見えにくいのが残念。

以下展望台から。
夏油高原
入畑ダム方向。奥州市街地が一望出来るはずなんですがかすんでます。

反対側を見ると
湯田町方向
ちらりと湯田町が見えました。

気になる岩手山なんですが、
岩手山方向
残念ながらみえません。

夏油温泉の方向を見ると、すぐ前の山頂に白いものがピカリ。
横岳
あれが横岳かなと眺めます。

じっくり眺めたら、今度の目的、兎森山までエッサホイサ。
ゲレンデ連絡路を下ります。
ゲレンデ連絡路

第二ゴンドラの山頂駅あたりから、登山口を探しながらトコトコ。
登山口
クワッドリフトへのコース案内が見えてくるあたりに、左側にピンクのリボン発見。
踏み跡たっぷりだったので、ここだと上がっていきます。
ヨイショコラショと上がっていくと、人の声がします。
団体さんが降りてくるところでした。
道を譲って、挨拶を交わしてると「干支だからですか?」と聞かれました。
一瞬「?」でしたが、ここは兎森山。ウサギ年だからってことですね。
「そこは考えてませんでした」と笑ってすれ違います。
20人ほどの団体さんでした。

頂上は貸切でした。
兎森山頂上

まずは記念写真。今回は自分も…
記念写真
影で参加です。

昼食はここでと準備をして、
昼食準備
お湯が沸く間に展望を楽しみます。

経塚山方向
今歩いてきた方向を見てると、単独行の方が登ってきました。
聞けば、夏油温泉キャンプ場から、丸子峠→横岳→兎森山と登ってきたそうです。
帰りはゲレンデを下りてと言うので、どうやって戻るんだろうと思ったら、迎えが来るとか。
バスとかの交通手段があるなら、いつか歩いてみたいコースの一つですね。

お別れのご挨拶をして、おいらはのんびりと展望を眺めながら食事です。
メニューは「野菜ちゃんぽん(春雨)」とおにぎり。
残念ながら、きのこさんお薦めの「スープごはん チーズカレー」を見つけられず… (~_~;)

食事がすんだら、あとは戻るだけなんですが、山頂は風が無く、太陽の光いっぱい。
ポカポカと暖かく、そこらで寝転んで休んでる人もいるほど。
それほどいい天気で、気分がいいのですが、膝が笑い始めて来てました。
調子がよければ横岳へと思っていましたが、これでは無理。
余力があるうちにと、ゴンドラに乗り込みます。
ゴンドラ下り
下りながら足をほぐします。
こんな距離で情けないんですが、今日の精一杯でした。
それにしても薬でこんなに筋力が落ちてるとは・・・・ 

ゴンドラで下まで降りたら、いい匂いが漂ってます。
お昼を済ませたばかりだったんですが、つい臭いに誘われて、スペアリブを購入。
スペアリブ
食べながらゆっくり車に向かいます。

山頂駅から兎森山頂上(1054m)までは展望台経由で約30分ほど。
帰りはちょっとかかって32分、展望台は経由せず連絡路を通りました。
歩行距離は往復で3kmちょっとでした。
ちなみに山頂駅から標高で約100m下ったところが登山口。
だから帰りはゆるりとした上りになります。

この時の行動ログ、航空写真で。
兎森山ログ

盛岡まで帰ってくると青空が広がってます。
これはチャンス!

と、続く…←クリックで飛びます。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2011/10/10(月) 21:50:46|
  2. 兎森山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック