(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

『烏』と『鳥』

ブログの記事の山名の話であります。
長年、『鳥』という漢字を「カラス」とも読むと思い込んでいたことを白状いたします。
このまえ、烏堂山(からすどうやま・うどうやま)の三角点の点名を調べた時、
表示で、山名は『烏堂山』、点名が『鳥堂山』と、たまたま横並びになったところで、字が違うことに気が付きました。
それまで「とりどうやま」と読んでた自分が恥ずかしい・・・
ちなみに烏堂で調べると「からすどう」という店名と、「うどう」という人名が出てくるので、
山名がどちらかわからず、二つとも表記しました。

それにしても、
『烏』(カラス)と『鳥』(トリ)
大きくするとよくわかるけど、小さいままだと微妙である。←おいら個人の意見です。

どうしてそう思い込んだのかと考えると、おそらく烏丸せつこさんのデビューした時からだと思う。
現在は映画の『64』などに出演されてる大女優さんですが、当時はクラリオンガールで、
セクシーなグラビアやポスターがたくさん出ていて、おっぱい星人のおいらにとって非常に印象深く、
名前の『烏丸(からすま)』を『鳥丸(とりまる)』と書いて「からすま」と読むと頭にインプットしてしまったに違いない。

そんなわけで、山名の表記を『烏』『鳥』を間違ってないかと確認しました。
まずは滝沢の烏泊山(からすどまりやま)は読み名通り、入力しているので、間違いは無かったものの
一関・赤荻にある山を鳥森(とりもり)と認識していて、ずっと鳥森と書いてました。
正しくは烏森(かすもり)です。

その流れで一関・藤沢の烏森山(かすもりやま)も鳥森山(とりもりやま)と書いていて、ただいま修正中であります。

それから烏兎(うと)と付く山は、たまたま読み方を知っていて、そのまま入力したものだから
を間違えずに済みました。
ちなみに烏兎とは、中国の伝説で、太陽にはカラス、月にはウサギが住むということから、太陽と月を表しているそうな。

ついでに見直すと『烏帽子(えぼし)』『鳥』ではなく『烏』ということが、ようやくわかった次第で、いやはや面目ない。

長年日本人をしてますが、厚切りジェイソンではないけど、「日本語、むつかしいねぇ~」であります。
←よければクリックお願いします。
  1. 2017/04/27(木) 14:47:50|
  2. 登山関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルート変更したばっかりに

実をいうと前日の土曜日は烏堂山(からすどうやま・うどうやま)→天狗岩山→鷹ノ巣山と北から登っていく予定でした
その烏堂山は北側から山頂の西を通っている破線と南側からその破線と合流する破線が地形図にあって、
道路地図で確認すると北側(九才坂地区)にある道路が山頂に近いように見えて、そちらから向かおうと考えたんです。
ところが入ってすぐ、ローダーが前を走っていて、ついて行くと
道路の先で何台かトラックが停まり、なにやら作業中の様子が見て取れて、
これは邪魔しちゃいけないなぁと、戻った経緯がありました。

そこで道路整備か何かで通行できないかもと、南側(木細工地区)からにルート変更。
山頂を目指して、ナビにある道路が終わってる地点まで来て悩みます。
駐車する
そこから先、車が通れるほどの道がありますが、ほとんど使われてない様子。
でも、道自体はしっかりしていて通行しても大丈夫そう。
いったん歩く準備をしましたが、行ける所までと決めて車を進めました。

すると地形図の破線の合流地点と思われるところを過ぎると
道の藪化が進んでいて、ヘアピンカーブを過ぎたら激しくなり、
車の脇がキーキーと擦れる音が聞こえてくる始末。
方向転換するスペースを見つけようと進んだら、倒木で進めず停車。
倒木あり
気が付いたら、山頂のそばまで来てしまっていました。

ここまで来たら、まず山頂と斜面に取り付く場所を探していたら、
ピンクの目印のある作業道跡がありました。
作業道入口
最初は作業道を行こうと歩き始めたものの、林の中の方が藪が薄く結局は直登。

エッサホイサと上がると、山頂がやけに明るく見通せて、ちょっと嫌な予感。
山頂が明るい
到着したら東側は伐採地になっていました。
北側から伐採してあるようで、そうか、北側(九才坂地区)の道路での作業はこの伐採関係か・・・
と思い当たります。

山頂プレートは見当たらず、三角点は伐採した木の下敷き。
三等三角点 点名:鳥堂山
木をよけて、記念撮影。
ちなみに山名は烏堂山(からすどうやま もしくは うどうやま)なんですが、点名は鳥堂山(とりどうやま)となっておりました。
わざわざこの名前の違いを書いたのは、身に覚えがあり、そのうちブログのネタにと思ったからであります。

廻りを見渡すと、パッと目に付いたのが物見山。
物見山

北側の展望は雲で隠れてましたが、
夏油付近から早池峰まで
北上付近の山々から、早池峰山附近まで見渡せるようです。

ちょうどお昼だしと切り株に座って、展望昼食をして、
展望昼食

すぐ南側にテレビの受信アンテナが立ってるから作業用のルートがあるのではと
テレビアンテナ
行ってみたものの見つからず、

結局林の中を真っ直ぐ下って車に到着。
車に到着

このあと来た道をバックで戻ろうとしたけど、とても無理。
カーブでいくらか広めなところで、少しづつ車の方向を変えて何とか脱出。 
傷だらけ
おかげで車は細かな擦り傷だらけ・・・・

北側(九才坂地区)からだと伐採の道が整備されてたはずだし、この日は日曜で作業も無かったろうし
最初に考えたルート通り行けばよかったと反省中。

GPSログ
GPSログ
行動時間は35分ぐらい、歩行距離は850mほどでした。
このあと車は・・・ [ルート変更したばっかりに]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2017/04/26(水) 21:46:28|
  2. 烏堂山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

車で山頂

前日は天狗岩山に寄ってから鷹ノ巣山へ行く予定でした。
ところが、越路峠を走ってると、突然車の音が大きくなり、一瞬バイクでも来たかと見回すと走ってるのはおいらだけ。
その時点でマフラーに穴が空いたなとは思ったんですが、どうしようもないから、このまま行こうと走らせて、
峠を越えて天狗岩山方向に行く林道に入った途端、車の下で何かが当たってる音がする。
覗いてみたら、エキゾーストパイプがぶら下がってるのが見えました。
さすがに林道は走れないと、そのままUターンしたのでありました。

その天狗岩山への道は鷹ノ巣山へ向かう道の反対側にもあって、
今回はそっち側から向かったんですが、これがしばらく整備されてない悪路でした。
雨で掘られた段差があったりして、通行するのに一苦労。
ようやく舗装された道にでて、九十九折で高度を上げて、まもなく山頂付近。
この辺に車を停めてと見たら、牧草地に車の跡。
車から下りてみたら、頂上付近にあるアンテナ方向に伸びている。
これは御殿山と同じく管理道に違いないと、車で進んだらほぼ頂上まで来てしまった。
天狗岩山山頂

そんなわけでちょこっと登ったら頂上到着。
天狗岩山頂上

ここには山頂プレートもあり、記念写真を撮って、
山頂プレート

展望を眺めて
蓬莱山を眺める
正面は蓬莱山であります。

帰り道は越路峠へと下りるのでありますが、立ちはだかったのは雪。
雪で通行不能
結局乗り越えられず、かといって来た道は悪路だしと悩んだ末、
舗装路どおりに南に下りて、越路峠へとかなり遠回りでしたけど楽でした。

さて、帰りにもう一座登るんですが、ルート選択を間違えて車が傷だらけ・・・
反省してます。
←よければクリックお願いします。
  1. 2017/04/26(水) 06:19:06|
  2. 天狗岩山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

傘を差して頂上へ

鷹ノ巣山の西側に御殿山があるのですが、道路地図を見ると牧場か牧草地かのようで
山頂付近まで緑色で色分けされてました。
そこで、牧草の生え方によってはついでに行ってみるかと思っていたんです。
実際、使われていない牧草地だと、ススキや棘のある草などが生えてることがあり
かき分けるのに手こずることがよくあるんです。
鷹ノ巣山へ行く途中に様子がチラリと見るはずだったんですが、
直前にテンや、カモシカに出会いそっちに気を取られてるうちにすっかり失念。

ドライブレコーダーの映像ですが、最初の方に左斜面を駆け上がるテン、
終盤に逃げていくカモシカが映ってますが、わかるでしょうか?

そんなわけで、
[傘を差して頂上へ]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2017/04/25(火) 19:50:01|
  2. 御殿山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

霰(あられ)が降りました

この日は早朝から地区民で公民館の清掃活動。
6時開始の案内がきていたんですが、5時50分に行くと大半の人が来ていて、ほぼ終了状態。
サラリと窓を拭いただけで終わってしまった。いったいみなさん何時から活動してたんだろう?

そんな疑問はさておいて、時間を持て余したおいら、青空広がる五郎沼で
五郎沼
ぶらりと花見をして、そのまま昨日撤退した山歩きにと出かけたのでありました。

が、
[霰(あられ)が降りました]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2017/04/25(火) 06:31:39|
  2. 鷹ノ巣山(一関・大東)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年限りの桜

今年は桜が咲いたのですが、来年は見られません。
だって・・・・
[今年限りの桜]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2017/04/24(月) 18:47:43|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日の夜は星空で・・・

バドの練習帰りは星空で、明日の晴天を予感させてました。
星空

そんな翌日、
[昨日の夜は星空で・・・]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2017/04/23(日) 17:31:47|
  2. 展望昼食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブォーン・ボワァーンのドン・ガチャ・ゴンで撤退。

雨上がりの朝、空をみあげると青空がチラホラ。
これは晴れてくるに違いないと山歩きに出かけ、
まもなく目的地の山に着くと張り切って、坂を上がってると
突然、ブォォォォーン、ボワァァァァーンと爆音。
で、未舗装の林道に入ったら、車の下でドン・ガチャ・ゴンと異音有り。

マジか・・・・
[ブォーン・ボワァーンのドン・ガチャ・ゴンで撤退。]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2017/04/22(土) 15:23:42|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

薪を割ったら・・・

おいらの会社の事務所は薪ストーブである。
だから、薪割りは欠かせないのである。
きょうも、エイッ ヤー と割ったら大事件。
[薪を割ったら・・・]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2017/04/19(水) 15:50:55|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうちょっとかな?

雨上がりの日曜日はこの山に・・・・
万寿山
すでに駐車スペースは満車状態。
近くで清掃活動をしてた方によると、すでに100人近く上がってるとか・・・・ 

やまゆりの宿の玄関先からスタートして
やまゆりの宿

ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマ

イワウチワ
イワウチワ

ミスミソウ
ミスミソウ

カタクリ
カタクリ

ミスミソウとセリバオウレン
ミスミソウとセリバオウレン
などを見ながら、エッサホイサ。

花を見に来たから頂上に行く必要はなかったけど、
頂上
すぐそこだしと、行って

登頂記念を撮ったら
登頂記念

ミスミソウとイワウチワの群落の道を・・・・
群落
いや、群落というにはもうちょっとかなと思いながら下ってきました。

現在一番咲いていたのはショウジョウバカマでした。
ミスミソウとイワウチワはもう少しのようです。

GPSログは山頂を折り返して鉄塔まで
GPSログ
新しいバッテリーを入れたつもりが使用したものだったらしい。
山頂まで2.8kmほどを1時間ぐらいの歩行時間。
全行動時間は1時間30分ぐらいでした。
←よければクリックお願いします。
  1. 2017/04/16(日) 15:27:05|
  2. 台羽山・万寿山・六郎山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
次のページ

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック